MENU

便利なキャッシングは保証人も担保も必要ない

キャッシングは身一つでお金が借りられる便利なサービスです。たとえば住宅ローンなどの場合は保証人や担保などが必要となるのが普通です。これは借りる金額が高いため、リスクをある程度分散させるための方法となりますが、キャッシングの場合は最高でも300万円程度の融資が限度なので保証人や担保が不要ということになります。

 

つまり他のローンに比べて簡単にお金を借りることができるのです。もちろん、手軽さや便利さには、借りすぎてしまうという落とし穴があるということを借りる前に知っておく必要があります。借りすぎてしまうと当然のことながら、返済が難しい状況に陥ってしまいます。その理由は金利の高さにあります。キャッシングは保証人や担保が必要ない分、会社側はリスクを利息によってカバーしているのです。

 

利息は会社側にとっては利益にもなりますが、それ以上に元金の返済をしてもらえないと損失になってしまいます。ですから、あまり沢山の会社を利用するよりも、一つの会社で利用し続けて常連になって、金利を下げてもらったほうがお得なのです。

 

そして、そのためには借りることと返すことを繰り返して、信用を得る必要があります。結果として、借りすぎなくなりますから、一石二鳥です。

無担保で借りられるのは保証会社による保証が設けられているための場合もあります。